【山陽】たかさご万灯祭ヘッドマーク(2017年)

昨日と今日(2017年9月16日・17日)に,山電高砂駅周辺で開催されるはずだった「たかさご万灯祭」をPRするヘッドマークが,8月25日から山陽電鉄5000系6連4編成に掲出されていました。

山陽電鉄 たかさご万灯祭2017ヘッドマーク

【山陽】たかさご万灯祭2017ヘッドマーク

また,たかさご万灯祭に合わせて山陽高砂駅に留置した列車の中でジャズライブなどを行う「たかさご万灯祭『山陽ジャズトレイン』(SANYO Jazz Train)」も開催される予定で,このジャズトレインに充当されると思われる3000系3連3016Fに9月8日からジャズトレインのヘッドマークが掲出されていました。
残念ながら SANYO Jazz Train ヘッドマークは,掲出期間が短く,唯一の週末だった9月9日・10日は昼間に走っておらず,撮影できませんでした・・・(涙・・・)

台風18号接近のため,たかさご万灯祭は11月3日・4日に延期, SANYO Jazz Train は中止となってしまいました。
11月開催に向けて,改めてヘッドマークが掲出されることはあるのでしょうか???

【神鉄】ヘッドマークなし「HAPPY TRAIN☆」

2017年夏の神戸電鉄での企画列車「納涼恐怖体験列車」が運行された翌日に鈴蘭台車庫周辺を徘徊した時,同列車に使用されたハッピートレイン5002Fが留置されていました。
車掌台に添乗している粟生線活性化マスコットキャラクター「しんちゃん」ほか車内の様子も普段の姿に戻っていましたが,「HAPPY TRAIN☆」ヘッドマークがない・・・「納涼恐怖体験列車」ヘッドマークを取り外した後,普段のヘッドマークをまだつけてない状態でした。
営業運用に入る時には戻されるのだろうと思いきや・・・

ヘッドマークがないHAPPY TRAIN☆5002F 5002側

ヘッドマークがないHAPPY TRAIN☆5002F(5002側)

両先頭とも・・・

ヘッドマークがないHAPPY TRAIN☆5002F 5001側

ヘッドマークがないHAPPY TRAIN☆5002F(5001側)

ヘッドマークがない状態で,2週間近く走っていたようです。

普段は「HAPPY TRAIN☆」,イベントや七夕・クリスマスシーズンには車内の装飾に合わせたヘッドマークを掲出しているこの編成が,HAPPY TRAIN☆ ラッピングとなってからヘッドマークなしで通常の営業列車として走ったのは初めてでは・・・

【神鉄】親子でGO!!ミステリートレイン2017

2017年夏休みの神戸電鉄「親子でGO!!ミステリートレイン」も「しんちゃん&てつくんミュージアム」6004Fで,8月27日(日)に運行されました。

2017年ミステリートレインヘッドマーク

【神戸電鉄】親子でGO!!ミステリートレイン2017ヘッドマーク

朝,西鈴蘭台駅ホームで神戸電鉄社員の方々やミステリートレインに乗車されると見られる家族連れの姿を多数見かけたので,まずは粟生線を走るであろうことが判明。粟生線某所で待機していると,予想通り西の方へ向かって走っていきました。
程なく折り返してきていったん見津車庫に入り,撮影会が行われているような様子。
その後,鈴蘭台方面へ向かっていきました。

2017年ミステリートレイン6004×4

【神戸電鉄】親子でGO!!ミステリートレイン2017

鈴蘭台車庫では洗車線に停車しているのを発見! 恒例の洗車機通過体験もあったことでしょう。
また,ヘッドマークから推測するに牽引車の見学などがあったのでは・・・?

午前中粟生線なら,午後は有馬方面であろうと待機していると・・・

2017年ミステリートレイン6004×4

【神戸電鉄】親子でGO!!ミステリートレイン2017

やってきました。
しばらくして誰も乗ってないミステリートレインの編成が折り返してきたのを某所で目撃。谷上で解散となったようでした。

【神鉄】納涼恐怖体験列車(2017年)

このイベント列車も神戸電鉄での夏の恒例行事になるのでしょうか・・・
2017年8月26日の夜,「納涼恐怖体験列車」が運行されました。(事前予約制)

西鈴蘭台で乗車して鈴蘭台車庫まで走り,恐怖を体験して鈴蘭台駅で解散となる約15分の催しがあったようで,西鈴蘭台発19時04分発と20時38分発の2回実施されました。

車両は「HAPPY TRAIN☆」5002Fで,鈴蘭台から一旦藍那まで回送され,この春新設された同駅折り返し線を使用して折り返し・・・

納涼恐怖体験列車2017年

納涼恐怖体験列車2017年(HAPPY TRAIN☆5002F5002側)

西鈴蘭台に向かい参加者が乗車,鈴蘭台へと向かいます。

納涼恐怖体験列車2017年

納涼恐怖体験列車2017年(HAPPY TRAIN☆5002F5001側)

両先頭には特製ヘッドマークが掲出されましたが,ハッピートレインに乗務している粟生線活性化マスコットキャラクター「しんちゃん」が恐ろしい姿になっていました。

納涼恐怖体験列車2017年ヘッドマークとしんちゃん

納涼恐怖体験列車2017年ヘッドマークとしんちゃん

~後日追記~
神戸電鉄さん公式Facebookで納涼恐怖体験列車の車内での様子を拝見しましたが,とても恐ろしくて私には耐えられなさそう・・・外から写真を撮ってるだけで良かった~
でも人気のない藍那駅を通り過ぎる列車の運転士さんたち,ひとり怪しげに写真を撮ってる姿を見てぞくっと・・はしないか・・・

【神鉄】公園都市線に3000系

2017年8月19日に神戸電鉄で3000系が公園都市線を走りました。

神戸電鉄公園都市線を走る3000系

【神鉄】公園都市線を走る3000系

公園都市線では通常はワンマン運転対応の3両編成で運行されており,現在は在籍する各系の3両編成が運用されています。(1000系列各形・2000系・6500系)

しかし,同線も4両編成の入線は可能で,沿線に大規模商業施設がオープンした2000年11月には輸送力増強のため5000系(4両編成)が数日間定期列車の運用に入ったことがあるほか, 毎年夏の企画列車ミステリートレインが公園都市線ウッディタウン中央駅を経由地として6000系(4両編成)が走る年もあります。

今回は貸切列車として3006Fが鈴蘭台から公園都市線ウッディタウン中央まで往復したようです。
復路では途中,道場南口の留置線(車庫)で撮影会が行われたようで,その様子が車庫の横を走る列車から見えました。

3000系はすべて4両編成のため,公園都市線を走るのは極めて珍しいことで,私が知る限りでは初めてです。

【阪急】手塚治虫氏ラッピング列車「宝夢(YUME)」

阪急電鉄宝塚線で2015年11月から走っていた宝塚線観光スポットラッピング列車の愛称が一般公募で出品された中から「宝夢(YUME)」と決まり,それまでラッピングがなかった2・4・5・7両目に愛称「宝夢(YUME)」のラッピングが追加されるとともに,両先頭にヘッドマークを掲出して2016年3月27日から運用されていましたが,2017年7月1日からヘッドマークが新デザインに変更されています。

阪急1000系手塚治虫氏観光スポットイラストラッピング列車1003×8R(旧ヘッドマーク宝夢「宝夢(YUME)」)

【阪急】手塚治虫氏ラッピング列車「宝夢(YUME)」1003×8R(新ヘッドマーク)

この「宝夢(YUME)」の旧ヘッドマークを掲げた姿をアップするのを忘れてしまっておりました・・・m(__)m

阪急1000系手塚治虫氏観光スポットイラストラッピング列車1003×8R(旧ヘッドマーク宝夢「宝夢(YUME)」)

【阪急】手塚治虫氏ラッピング列車「宝夢(YUME)」1003×8R(旧ヘッドマーク)

このラッピング&ヘッドマークは今年11月下旬までの予定ですが,なぜこの時期にヘッドマークが変更されたのでしょうね?

【北条鉄道】かぶと虫列車(2017年)

北条鉄道では季節によりいろいろなイベント列車を走らせています。
クリスマスシーズンのサンタ列車は毎年実見しているのですが,夏のかぶと虫列車は久しぶり。

北条鉄道かぶと虫列車

北条鉄道かぶと虫列車(フラワ2000-2+フラワ2000-3)

前回かぶと虫列車撮影したのは手作り感満載のヘッドマークだった2013年。
翌年から変わったかぶと虫列車のヘッドマークをようやく撮影してきました。

北条鉄道かぶと虫列車

北条鉄道かぶと虫列車(フラワ2000-3+フラワ2000-2)

この夏は既に,通常の車両で鈴虫が奏でる爽やかな音色が聞こえるスズムシ列車として走っているようです。

【阪急】天神祭ヘッドマーク(2017年)

今年も7月18日から24日まで掲出された阪急電鉄の天神祭ヘッドマーク。
天神祭は7月24日と25日に開催されるのですがヘッドマーク掲出期間はその初日の24日まで。
数少ない天神祭ヘッドマーク掲出編成でも早々に外されてしまったものもあり,掲出最終日も大方は朝ラッシュで入庫してしまったようで・・・

天神祭ヘッドマークを掲出している1005×8R

天神祭ヘッドマークを掲出している1005×8R(2017年)

天神祭のヘッドマークは2013年まで神戸・宝塚・京都の各線8編成ずつ掲出だったのが,2014年に祇園祭で前祭と後祭の両方が開催されるようになって祇園祭ヘッドマーク掲出期間が延びたために天神祭ヘッドマークが半数の4編成となり,さらに2015年から天神祭ヘッドマークはさらに半分の2編成となってしまいました。
もともと掲出期間が7日だけと短くて難儀していたのに,年々厳しく・・・
わざわざ途中で取替えずに,両ヘッドマークとも同じ期間掲出したほうが面倒くさくなくてよいように思えるのですが,何か大人の事情でもあるんでしょうね。
・・・と少々愚痴ってしまいました。

【山陽】明石だこヘッドマーク(2017年半夏生)

山陽電鉄では2017年夏も,明石だこを味わうイベント「明石半夏生たこまつり」をPRするヘッドマークが掲出されました。

明石半夏生たこまつりをPRするヘッドマークを掲出している山陽5000系5022F

明石半夏生たこまつりをPRするヘッドマークを掲出している山陽5000系5022F
踏切道遮断機外側から撮影

明石半夏生たこまつりは,夏至から数えて11日目からの5日間の節季「半夏生(はんげしょう)」を中心に山陽電鉄沿線の明石で行われるもので,2017年は7月2日が半夏生となっています。

ヘッドマークは5022Fに6月22日頃からまつりが終わる頃まで掲出されていたようです。(7月15日には外されていたのを確認)